STAFF

作・大竹野正典(くじら企画)

Photo By アマノ雅広

1960年 9月17日 生(大阪市)

1981年 横浜放送映画専門学院(現「日本映画大学」)シナリオ科 研究課程卒
1982年 犬の事ム所 設立
1989年 「夜が掴む」テアトロインキャビン戯曲賞佳作受賞
1990年 「改善版・笑箪笥」スペースゼロ大賞受賞
1990年 「Kのトランク」スペースゼロ最優秀作品賞受賞
1992年 「リボルバー」プラネットステーション企画公演参加
1993年 「トーフの心臓」扇町アクトトライアル参加
1993年 「密会」スペースゼロ大賞特別賞受賞
1994年 「サラサーテの盤」OMS提携公演
1996年 「動物園物語」(作:エドワードオールビー)神戸フラワープロジェクト参加
1997年 第16回「ドアの向こうの薔薇」を最後に 犬の事ム所 散会

1997年 くじら企画 設立
2004年 「夜、ナク、鳥」OMS戯曲賞佳作受賞(岸田戯曲賞最終選考)
2008年 「山の声」ウイングフィールド提携公演
2009年 7月19日 急逝
2009年 12月 「山の声」OMS戯曲賞大賞受賞


演出・金哲義(May)

1971年大阪に生まれる。
1993年、京都芸術短期大学(現 京都造形芸術大学)OBを中心に「劇団メイ」結成。
以後、大阪を中心に公演を続ける。
2002年、劇団の名称を「May」と改め、ライブパフォーマンス等、演劇以外の活動も行う。
殆どの作品の脚本・演出を、座長である 金哲義が手がけ、また出演もしている。
SF、会話劇、コメディーと多様ではあるが、一貫したテーマに基づいた作品を描き続ける。
近年は己のルーツを、作品内に全面的に打ち出し、在日・日本人の区別なく、好評を得ている。
新宿タイニイアリス主催の「アリスフェスティバル」にて「Alice賞」を3度受賞受賞。他劇団への客演や脚本の書き下ろし、演出等も行う。
2011年3月、日本演出者協会主催「若手演出家コンクール2010」において、最優秀賞と観客賞を受賞。
2011年9月、應典院舞台芸術祭 space×drama2011 において優秀劇団に選出される。


舞台監督・谷本誠(CQ)
舞台美術・たけ
照明・浦部善行(浪花グランドロマン)
照明オペレーター・山本有香
音響・大西博樹
宣伝美術・髙岡孝充(otto design)
写真撮影・藍田マリン
web制作・飯村登史佳
制作・秋津ねを(ねをぱぁく)
制作補佐・ハシクミ
プロデューサー・林 鈴美